息が臭い原因ってナニ!?

息が臭い原因ってナニ!? 大人になるほど息は臭くなります。その原因はというと、


要チェック加齢とともに唾液が減少してくる
要チェック歯や歯茎などにトラブルが発生する
要チェック内臓系の病気を発症している


ほとんどの場合、息が臭い原因は口の中にあります。歯の磨き残し、歯槽膿漏や歯周病といった歯茎の病気が典型です。歯は磨けているようで全然磨けていないのが普通です。 だから、定期的に歯医者さんで歯を磨いてもらうのが一番です。


また、30代ともなると歯周ポケットに歯磨きでは除去できない歯垢も溜まってくるのでこれがニオイの原因になっていることがあります。歯槽膿漏や歯周病といった歯茎の病気にもなるものなのでこれも歯医者に行くべきでしょう。


大人の口臭の原因はその8~9割が口のなかにあるといいます。そのため歯磨きしても消えない口臭に悩まされているならとにかく歯医者に行きましょう。必ず原因がわかるはずです。


逆にいえば、大人の口臭は歯医者にいかないと治らないということです。電動歯ブラシで歯を磨こうが歯間ブラシやフロスで掃除しようがどうにもできない問題というのがあるんです。

幼児や赤ちゃんで息が臭いのはナニが原因!?

幼児や赤ちゃんで息が臭いのはナニが原因!?

要チェック 口呼吸になっていませんか?


大人と違って歯の状態も歯茎の状態もいいのに息が臭いという場合があります。これについて説明しましょう。


幼児や赤ちゃんで息が臭いという場合、その多くは口呼吸により口内が乾燥してしまっていることで細菌が繁殖してしまっているケースが多いです。


呼吸は本来、鼻でするものですが鼻が曲がっているといった身体上の問題や蓄膿症だとか、風邪を引いているなどの病気、あるいは何かの拍子に口呼吸することを 覚えてそれからそのまま口で呼吸する癖がついてしまったというケースが考えられます。


口呼吸が癖になると、口のなかが乾燥してニオイ菌を殺菌している唾液が量が減ります。鼻炎や風邪を引いて鼻が詰まっているときなどはどうしても口呼吸になりますが、同時に息が臭くなってしまうことは経験あると思います。


子供の場合、鼻が悪いわけでもないので口呼吸している場合(普段、口をぽかんと開けている子など)は、間違いなく口呼吸が癖になっているので早めに治すようにしたほうがいいです。


鼻呼吸への矯正方法としては、赤ちゃんの場合はおしゃぶりをくわえさせる。幼児の場合は意識して口を閉じてガムを噛ませる、医療用テープを口に貼るなどの方法があります。

息が臭いことについてよくある勘違い

息が臭いことについてよくある勘違い

口臭についてよくある勘違いについて解説してみます。


Q.寝起きの口臭が気になる....
回答→寝起きは息が臭くて当然です。
解説:睡眠中は唾液の分泌量が減るので口臭の原因になる口内の細菌が繁殖しています。歯磨きせずに寝たとなると食べカスや歯垢をエサに大繁殖しているので 寝起きの口臭というのは臭いです。これは誰であっても臭いので、起きたらすぐに歯を磨いてください。寝起きのキスなどはされるほうは最悪なので止めましょう。


Q.胃腸が悪いから息が臭い....
回答→胃腸が原因の口臭は皆無です。
解説:口臭予防サプリなどはさも胃腸の状態が口臭の原因になっているという説明をしていますが、あれは完全に嘘です。ある種の病気、逆流性食道炎などの場合は それが原因の口臭はありますが、胃が荒れているとか腸内環境が乱れている(=便秘)が原因で口臭がするということはないです。


特に、「胃が悪い=口臭がする」と勘違いしている人が多いですね。胃の中の状態が逆流して口臭として外にでるということはまずないです。


食べたものや飲んだものの影響で口臭が発生することがありますが、あれはニオイ成分が胃や腸に吸収されて肝臓などで分解されてから血液を通して肺にいき、 それが呼気として出てくるから臭いんです。胃から直接ニオイがでているわけではないんですね。


口臭についてさらに詳しく知りたい方におすすめ! 口臭対策完全ガイド
Copyright © 2013 息が臭い原因はナニ?もしかして病気?その疑問に答えます。· All Rights Reserved·